サイエンスウォーター

株式会社サイエンス 生活水すべてを浄活水化するサイエンスウォーター。 サイエンスウォーター

浄水器といえば、台所やお風呂場など必要な場所にポイントごとに設置するのが一般的でしたが、オール浄活水方式セントラル浄活水器「サイエンスウォーター」はキッチンはもちろん風呂・シャワー・トイレなど、すべての水道水から不要な物質を除減し、安全・安心のクリーンな浄活水をお届けするシステムです。

  • 戻る
マイクロバブルとは、直径わずか1/1000mmの極めて小さな泡のこと。通常、水の中で出来る気泡の大きさは直径数ミリ程度、しかしマイクロバブルはその泡の1/1000以下という驚きの小ささ。極端に小さく、負電位の為、微小なゴミを吸着して水面に浮上させる性質を持っています。このマイクロバブルは、水質浄化やガンの診断治療に応用が可能だとして大きな注目を集めています。
水と空気でできた超微細な気泡が、石けんなどでは取れにくい肌のすみずみまでの汚れや毛穴の奥の老廃物などを吸着して取り除きます!
身体中の毛穴に入り込んだ超微細な気泡が弾ける時にほどよい刺激を与えて、身体の芯から温まります。お風呂上がりに湯冷めしにくくなっています。
バリア
超微細な気泡が身体を包む優しいバリアとなって、入浴直後の急激な血圧上昇を抑制するといわれています。
癒し
サイエンスマイクロバブルは、自然界の数十倍に当たる100,000個/ccものマイナスイオンを発生します。ご家庭の浴室で森林浴気分をご堪能いただけます。
全身ここちよくソフトマッサージ 理想的な「ゆらぎリラクゼーション」を実現
特殊ノズルによって、水流が自らスクリュー状に回転しながら浴槽の壁面にあたり、浴槽内のお湯全体にねじれの入った対流をおこします。その優しい揺れ刺激がストレス除去効果、脳の活性化に対する効果があるといわれています。一般のジェットバスと違い空気を含まないため、音も静かでゆったりとリラックスして揺らぎ浴をお楽しみいただけます。
専用の特殊ホースノズルを使用して、身体の気になる部分に直接トルネードジェットをあてることで、シェイプアップ効果的です。
  • 戻る
  • 戻る
ミックスセーバーとは、特許を取得した特殊構造によって、微細な空気を含んだ水を作り出す空気混合型節水アダプターのこと。
シャワーヘッドを取り替えるのではなく、シャワーの元栓に取り付けるだけで、洗浄力の高い節水型空気混合水を作り出します。
ミックスセーバーのうれしい特徴は、高い洗浄効果と節水効果。使うほどに快適さを実感していただけます。
ポイントは、空気と水が混合されたミックスセーバーの水。空気を含んだミックスセーバーの微細な気泡が、毛穴の汚れなどの細かい汚れもすっきりと洗い流します。 お肌の弱い方や赤ちゃん、皮膚の汚れが気になる方など、どなたにも安心してお使いいただけます。
節水力が高い、特殊な“空気混合方式”を採用することで、同じ水圧でも水の使用量を大幅に節約。もちろん特殊な構造により、「水の勢い」は変わりません。
  • 戻る
家中すべての蛇口からクリーンな水をお届け。

 

サイエンスウォーターは天然水よりも天然水?!

水の酸化力と還元力を電位差で表したものが「酸化還元電位」。この数値は、水に含まれる薬品や金属、ゴミ等の不純物が多くなると高くなります。
そして数値が高い水ほど「酸化力が強い」つまり細胞をサビさせる力が強い水ということになります。
市販の天然水は、その数値が水道水に比べると低く、身体の細胞への浸透率が高い「おいしい水」として知られています。検査の結果「サイエンスウォーター」は、これをこえる低い数値であることが実証されました。

キッチンが
変わる!

飲み水はもちろん、お米とぎや野菜の水洗いなどの口にする全ての水を安心して使用でき、毎日の水仕事にさらされるお肌にも安心です。

お風呂場が
変わる!

肌への刺激や塩素臭もやわらぎ、大切な髪の痛みやパサツキを軽減します。アトピー等のアレルギーがある方にも安心してお使いいただくことができます。

トイレが
変わる!

水道水では塩素を含んだままの温水を使いますが、浄活水化された安全な水を使えば敏感な場所への負担を軽減します。

暮らしが
変わる!

お洗濯でも洗い上がりがやわらかくなり、色落ちも軽減します。またバルコニーのスロップシンクを使用して、植物などにも安全な水を与えることができます。

日本では水道法で残留塩素の一定値が定められています。
(水道水1リットル中0.1ミリグラム以上の含有量)
塩素が残っている水では細菌が完全に死滅しているからです。
しかし、この塩素が水道の味を損ねる原因になっています。
水道の水は特有のカルキ臭がしますが、これは塩素自体の臭いではなく、塩素が細菌と反応することによってカルキ臭が発生してしまうのです。
細菌が多ければ多いほど多量の塩素を必要とし、カルキ臭も強くなります。

つまり水道のカルキ臭が強い地域は、それだけ水源の汚染がひどいとも言えます。
しかも近年塩素はさらに大きな問題を引き起こすことが指摘されています。
水の中の有機物と塩素が化学反応を起こすと、トリハロメタンという物質をつくりだします。
このトリハロメタンは大量に摂取すると、中枢機能低下、肝臓障害、腎臓障害などを起こし、さらには催奇形性、発ガン性までもがあり、痴呆、イライラ、疲労、無気力の原因にもなると言われています。